Vision & Mission

日本とグローバル・ヴィレッジの懸け橋を目指して

Vision

私たちは、共存共栄する世界において、未だ解決されていない諸問題、特に医療、環境、教育、福祉の分野における課題を提起し、それらの課題解決に向けた行動を起こし、希望のある社会を共に築いていくことを目指します。

Mission

あきら基金は、創造的、団結的、協調的な取り組みとその活動を促進し、持続させることにより、社会変革のためのソーシャル・エンタープライズとイノベーションの分野において、日本と国際社会の懸け橋となることを目的としています。

TOPICS

10周年記念イベント「イノベーションと起業家精神に関する世界サミット(WSIE)」 (国連本部)

2016. 03. 22 | ニューヨーク | 米国

この度2006年に国際連合で発足された「イノベーションと起業家精神に関する世界サミット – The World Summit on Innovation & Entrepreneurship(WSIE)」が、創設10周年を記念して、今年の5月にニューヨークの国連本部で開催されます。2012年以降からWSIE日本代表パートナーを務めてきたあきら基金は、今年も本会合への参加者ならびにスポンサーを募集いたします。

国連開発計画(UNDP)を始めとする国連の三つの機関が主導を取り、オマーンの首都マスカットにて初めて開催された世界サミットWSIEは、科学技術・通信・医療衛生・教育・ライフスタイル・エネルギー・都市の各分野における社会変革を促すことをその主な目的としています。各国政府、国際機関、NGO団体、企業等あらゆる主体間での連携を図りながら、ワークショップやパネル討論会などを通じて、研究・事例発表や情報・ノウハウ交換、社会投資の機会提供、人脈形成を図りながら、その教育・啓発活動を推進しています。

今年は「New Frontiers」と題し、2020年の世界像をビジネス、市場動向、デジタル化、製品、マインド、精密機械、経験、そして超域イノベーションの観点から大胆かつ挑戦的に探究し、そのビジョンに向かって果敢に取り組む内容になっています。

支援先団体SEELS株式会社が英字新聞ジャパンタイムズに紹介されました
Dr. Gary Kendall
"Humanity is united by the challenge of how to sustain human progress and create flourishing, equitable societies within the hard biophysical boundaries imposed by our home planet."
  • American Council
  • CJFF
  • SEELS
  • PARTNER:慶應SFC
  • 間隔調整用ホワイトスペース
  • BANNER:WSIE
  • Banner: Thomson Reuters Froundation
  • ICAF