Emblem

解説

このエンブレムは、世界の持続的な平和と繁栄の象徴である「グローバル・ヴィレッジ」と日本の関わり方を映し出しており、地球規模の課題解決のため、ソーシャル・イノベーションと企業家精神を通した社会変革を日本からおこす、といったあきら基金のメッセージを表現しています。

エンブレムの構成ですが、二つの同心円が描かれており、内側の小さな円は「日本」を、外側の大きな円は「グローバル・ヴィレッジ」を象徴しています。この二つの円の間にある三つの矢印は、ソーシャル・イノベーションと国際教育の推進において、あきら基金が、日本とグローバル・ヴィレッジの懸け橋として尽力していくことを意味しています。

エンブレムの色彩は、日本の伝統色のひとつであるエバー・グリーン(常盤色)を採用しており、常緑樹の不変の緑の美祢でもあります。したがって、あきら基金の活動が、いつの時代も私達の住むグローバル社会に対して、社会の枠組の変革を持続的にもたらす存在であることへの期待と信念、そして決意をエバー・グリーン(常盤色)により表明しています。

このエンブレムに、上述の決意とメッセージを込め、あきら基金は「インクルーシブ・ソサエティ(多文化共生社会)」のための意義あるエコシステムの促進に努め、より良い社会と希望の未来を実現するため、国内外の大学、地域社会、行政及び産業界との協力関係を深めながら、世界の人々と共に生きる国際性豊かな社会「グローバル・ヴィレッジ」の創造に寄与してまいります。

シンボル

このエンブレムは、同時に、私達、横井家の家紋である「三つ鱗」を基調としてデザインされています。自分たちの祖先やルーツへの尊敬の念を示すと共に、亡き父、横井明の意志を引き継ぎ、さらに発展させるといったメッセージが込められています。

使用に関して

このエンブレムは、あきら基金の書面による許可が無い限り、他の個人または団体による使用は認められません。また、このエンブレムの使用にあたり、事前に定められた書面による許可またはガイドラインを順守しない使用が認められる場合、あきら基金は、使用の無効を言い渡す権利を有します。

英文表示されている箇所については
日本語化の対応中です
  • バナー:AXIS