2016. 07. 07
東京 | 日本

このたび当基金は、各事業の終了に伴い、社員総会における法人の解散を議決後、東京法務局渋谷出張所の閉鎖事項全部証明手続きを経て、平成28年2月2日に解散いたしました(証明日時は平成28年7月7日)。

基金創立以来7年余りにわたり、関係各位の皆様には多大なるご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。謹んでお礼申し上げます。弊基金としましては、一定の役割を終えたものと判断し、解散を決議した次第です。末筆ながら、今後の皆様の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。略儀ながら書面にて解散のご挨拶を申し上げます。

一般社団法人あきら基金
代表理事 横井 博文

2016. 03. 22
ニューヨーク | 米国

この度2006年に国際連合で発足された「イノベーションと起業家精神に関する世界サミット – The World Summit on Innovation & Entrepreneurship(WSIE)」が、創設10周年を記念して、今年の5月にニューヨークの国連本部で開催されます。2012年以降からWSIE日本代表パートナーを務めてきたあきら基金は、今年も本会合への参加者ならびにスポンサーを募集いたします。

国連開発計画(UNDP)を始めとする国連の三つの機関が主導を取り、オマーンの首都マスカットにて初めて開催された世界サミットWSIEは、科学技術・通信・医療衛生・教育・ライフスタイル・エネルギー・都市の各分野における社会変革を促すことをその主な目的としています。各国政府、国際機関、NGO団体、企業等あらゆる主体間での連携を図りながら、ワークショップやパネル討論会などを通じて、研究・事例発表や情報・ノウハウ交換、社会投資の機会提供、人脈形成を図りながら、その教育・啓発活動を推進しています。

今年は「New Frontiers」と題し、2020年の世界像をビジネス、市場動向、デジタル化、製品、マインド、精密機械、経験、そして超域イノベーションの観点から大胆かつ挑戦的に探究し、そのビジョンに向かって果敢に取り組む内容になっています。

参加者はすべて世界サミット側からの招聘を受けていることが参加資格の前提条件となっています。各国の政府要人を始め、グローバル企業幹部、さらには、新興諸国からも各政策担当者や社会投資事業団体などが過去に参加しています。

ご多忙中とは存じますが、参加をご検討されている(もしくは、既に招聘を受けている)関係府省や企業・団体幹部の方々、ならびに各教育・研究機関の研究者やその他市民団体・個人の皆様には、当該世界サミットの趣旨にご賛同頂いたうえでご協力を賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

2016年 10周年記念イベント「イノベーションと起業家精神に関する世界サミット」

The World Summit on Innovation & Entrepreneurship

- Celebrating the Crazy Ones: New Frontiers -


開催概要


開催地:
米国ニューヨーク州ニューヨーク市
日時:
2016年5月17日(火)~ 19日(木)
会場:
国連本部
URL:
http://www.thewsie.org/index10.html

2015. 10. 08
ワシントンD.C. | 米国

一般社団法人あきら基金のパートナーである、国際子ども芸術財団(International Child Art Foundation; ICAF – 米国ワシントンD.C.)は、この度、ICAF “Christmas with Orphans” Camp (ウガンダ交流活動10日間:「孤児院スタディーキャンプ」【2015年クリスマス】)を、12月20日(日)~30日(水)に開催することになりました。現在、13歳~18歳の参加者の応募を受け付けています(先着20名まで):

https://www.icaf.org/christmas/

ウガンダ国立博物館と教育省の協力を得て開催される本キャンプは、前半に現地の子どもの教育現場に触れることを目的に、Kasangula Talent Schoolの学生と交流を行い、その後、ウガンダの首都にあるガバ孤児院へ訪問、教育の機会に恵まれない貧困家庭の子どもたちの識字力向上に資する取り組みとして、小さな図書館建設のボランティアを行う予定です。翌日には、ガバ・コミュニティ教会主催のクリスマスパーティーに参加し、孤児たちにクリスマスプレゼントとして本を寄贈後、皆でクリスマス・キャロルを合唱することになっています。

キャンプ後半には、ウガンダ南西部のコンゴとの国境にあるクイーンエリザベス国立公園に訪問し、アフリカが育む多種多様な野生動物とその大自然に触れる機会を設けています。プログラムの終わりには、各参加者がウガンダ教育省へプレゼンテーションを行い、ウガンダの生活条件の改善策や孤児たちへの教育向上等について提案することになっています。

本プログラムに関します詳細は、下記をクリックの上ご確認下さい。(英文のみ)

*一般社団法人あきら基金は、本プログラムのスポンサーではなく、プログラムの実施・運営、責任事項その他について、一切関係ありません。お問い合わせについては、直接ICAF本部へご連絡ください。
2015. 10. 07
東京 | 日本

一般社団法人あきら基金の三つ折りパンフレット(英文)が発行されました。

このパンフレットは、弊基金の起源から価値基準(Core Value)、戦略図解、主要プログラム・プロジェクトリスト、成果報告事例(抜粋)等を端的に紹介しています。

2015. 09. 03
サンディエゴ | 米国

一般社団法人あきら基金は、10月17日(土)に米国カリフォルニア州サンディエゴにて開催される、Global Empowerment Summitのスポンサーとして協賛します。Global Empowerment Summitは、Alliance4Empowermentとカリフォルニア大学サンディエゴ校の共催イベントとして実施され、開催地は当大学サンフォード再生医療コンソーシアムを予定しています。

Global Empowerment Summitは招待者限定のイベントで、「ソーシャル・イノベーターを一堂に会し、(困難な社会問題に対する)知見や解決方法を共有」することを主眼とし、「世界各地域からの専門家を招聘し、今後の(発展的な)連携強化の場を提供する」ことを目的としています。(Alliance4Empowermentホームページより抜粋)

基調講演に、アンマの霊性と人道活動の国際機関として知られる「マーター・アムリターナンダマイー(Mata Amritanandamayi)」の北米センター所長であるDayamrita Chaitanya氏、米州協力開発事業団(Inter-American Agency for Cooperation and Development: IACD)の事務総長であるSherry Tross氏を迎え、その他多くの第一線で活躍する方々を(基調)講演者として招く予定です。

弊基金の代表理事である横井博文も特別ゲストとして招聘を受けており、日本からの数名の招聘者と共に、ソーシャル・イノベーションに精通する現地の参加者との交流を図ることになっています。

本イベントに関します詳細は、こちらのページをクリックの上ご確認下さい。(英文のみ)

http://www.alliance4empowerment.org/global-empowerment-summit/
http://www.alliance4empowerment.org/wp-content/uploads/2015/10/Program.pdf

1 / 1212345...10...Last »
英文表示されている箇所については
日本語化の対応中です
  • バナー:AXIS