2015. 06. 30
ワシントンD.C. | 米国

国際子ども芸術財団(ICAF)ワシントン本部が4年に一度開催する「世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)」(※1)が、米国ワシントンD.C.のホワイトハウスに隣接する通称「大統領公園」と呼ばれている「ザ・エリプス(The Ellips)」にて開催され、6月30日午前10時に始まった開会式では、「世界児童賞2015(The World Children’s Award 2015)」の表彰式も行われました。

「世界児童賞2015(The World Children’s Award 2015)」は、ICAFが主催する本フェスティバルへの貢献や、子どもや若者の社会貢献的なリーダー活動や育成に関する取り組みについて顕著な功績があった企業・団体のリーダーに対し贈られる賞です。

2015年は、あきら基金代表理事横井博文氏とスウォッチグループ米国社長Frank Furlan氏がそれぞれ受賞しました。

表彰式は、Tennessee Children’s Dance EnsembleやCorrinne Calhounさん達による華麗なコンテンポラリー・ダンスが披露された後に行われました。

受賞に関して横井氏は、「(過去には、デンマークのレゴ・グループ、W.K.ケロッグ財団の各リーダーの方々が受賞されている)栄誉ある世界児童賞を受賞しましたことを大変光栄に思います。希望ある未来へと導いてくれる子どもや若者が有する創造性を育んでいけるような場の提供と社会形成に、今後もひた向きに取り組んでいきたいと思います」、と述べています。

横井氏の受賞の背景は、これまで彼が日本国内外において行ってきた、児童・若者を対象とした支援活動にあり、特に、2011年3月11日に起きた東日本大震災以来、在日フィリピン人被災者の救済と復興支援のために設立支援をしたソーシャル・エンタープライズ「SEELS」や、ソーシャルイノベーションと起業家精神に基づく体験学習とグローバルリーダー人材育成を目的とした日米高校生の交換留学プログラムを創設・企画・実施した「TOMODACHI U.S.-Japan Youth Exchange Program」、そして、今回日本代表選考と大会の普及・支援活動を積極的に行った「第5回アート・オリンピアード2015年」と「世界子どもフェスティバル2015」に対する活動などが主な功績として挙げられました。

(※1)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ参照:http://japanicaf.org/

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)(※2)

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)は、国際子ども芸術財団(ICAF)ワシントン本部が4年に一度開催する、世界中の子どもたちによる芸術の祭典です。同じく4年に1回の「アート・オリンピアード」で世界各国から選ばれた子どもたちが、友だちとなり、さまざまな芸術活動を通して協調性やリーダーシップを養い、平和について理解を深めます。

過去4回のフェスティバルには、のべ400ヶ国、500万人以上の子どもたちが参加しました。会場となるワシントン・モール国立公園では、このフェスティバル以外に子どものイベントは認められていません。主催者である国際子ども芸術財団(ICAF)は1997年に米国ワシントンD.C.に創立された公益法人で、児童分野における慈善団体としては米国内にて実績のある上位25の団体の一つとして数えられています。

あきら基金は、本大会主催委員として、またICAF日本支部と共催で「第5回アート・オリンピアード」(2015年)を支援しています。

(※2)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ内、「世界子どもフェスティバルとは?」より一部抜粋。
2015. 05. 16
東京 | 日本

5月16日、東京市ヶ谷にあるJICA地球ひろば2階の国際会議場にて、「第5回アート・オリンピアード2015年」応募作品選考会が開催されました。久恒俊治選考委員長をはじめ選考委員計10名が集まり、全国8歳から14歳の日本国籍を持つ児童から応募のあった全作品68点の選考審査にあたりました。

選考会は、一般社団法人あきら基金代表理事である横井博文氏の司会の下、国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部代表の近藤のぞ美氏による開会挨拶で開始され、久恒俊治選考委員長による選考審査における指針について説明が行われました。具体的な選考基準については、絵全体から受ける印象・インパクト( 「子供らしさ」、「元気さ」、「はちきれそう」、「楽しそう」等)、発想 (独自性、創造性等)、表現力 (個性的か否か等)、技法・色使いとなっており、各項目10点満点で評価し比重をかけたのち、全選考委員からの点数の総計が満点で100点になるように再調整・計算を行い、比較検討しています。

選考結果は5月末に発表され、日本代表作品が選出されます。代表作品は、2015年6月30日~7月3日まで米国ワシントンD.C.のホワイトハウスに隣接する通称「大統領公園」と呼ばれている「ザ・エリプス(The Ellips)」にて開催される第5回世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival 2015)(※1)に展示される予定です。


<2015年(第5回)アート・オリンピアード選考委員会委員名簿>(五十音順)
稲端 麻美子

(株式会社ネイチャーズチェストジャパン代表取締役 / ヒーリングフード研究家)

近藤 のぞ美

(ICAF日本支部代表)

近藤 壽良

(金沢大学フランス言語文化教員 / 第4回世界子どもフェスティバル本大会引率・参加)

佐藤 恵里

(認定特定非営利活動法人Peace Field Japan副理事長 / Sport For Smile顧問)

Sophie Bocklandt

(在日ベルギー・ルクセンブルグ商工会議所(BLCCJ)ゼネラル・マネジャー / 第4回アート・オリンピアード選考委員)

竹村 真紀子

(一般財団法人International Women’s Club JAPAN(IWCJ)代表理事)

坪谷・ニュウエル・郁子

(東京インターナショナルスクール共同代表 / 株式会社日本国際教育センター代表取締役)

久恒 俊治(選考委員長)

(加賀友禅作家(工房久恒) / 第4回アート・オリンピアード選考委員)

森 健輔

(行政書士(森行政書士事務所) / 一般社団法人あきら基金理事)

横井 博文

(一般社団法人あきら基金代表理事 / 元東京大学グローバル・リーダーシップ・プログラム特任助教)

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)(※2)

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)は、国際子ども芸術財団(ICAF)ワシントン本部が4年に一度開催する、世界中の子どもたちによる芸術の祭典です。同じく4年に1回の「アート・オリンピアード」で世界各国から選ばれた子どもたちが、友だちとなり、さまざまな芸術活動を通して協調性やリーダーシップを養い、平和について理解を深めます。
過去4回のフェスティバルには、のべ400ヶ国、500万人以上の子どもたちが参加しました。会場となるワシントン・モール国立公園では、このフェスティバル以外に子どものイベントは認められていません。主催者である国際子ども芸術財団(ICAF)は1997年に米国ワシントンD.C.に創立された公益法人で、児童分野における慈善団体としては米国内にて実績のある上位25の団体の一つとして数えられています。
あきら基金は、本大会主催委員として、またICAF日本支部と共催で「第5回アート・オリンピアード」(2015年)を支援しています。

(※1)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ参照:http://japanicaf.org/

(※2)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ内、「世界子どもフェスティバルとは?」より一部抜粋。

2015. 04. 27
ワシントン D.C. | 米国

あきら基金代表理事横井博文が、この度、米国ワシントンD.C.に本部を置く国際子ども芸術財団(ICAF)から世界児童賞2015(The World Children’s Award 2015)を受賞いたしました。

横井氏の受賞の背景は、これまで彼が日本国内外において行ってきた、児童・若者を対象とした支援活動にあり、特に、2011年3月11日に起きた東日本大震災以来、在日フィリピン人被災者の救済と復興支援のために設立支援をしたソーシャル・エンタープライズ「SEELS」や、ソーシャルイノベーションと起業家精神に基づく体験学習とグローバルリーダー人材育成を目的とした日米高校生の交換留学プログラムを創設・企画・実施した「TOMODACHI U.S.-Japan Youth Exchange Program」、そして、今回日本代表選考と大会の普及・支援活動を積極的に行った「第5回アート・オリンピアード2015年」と「世界子どもフェスティバル2015」に対する活動などが挙げられます。

横井氏は、「過去には、デンマークのレゴ・グループ、W.K.ケロッグ財団の各リーダーの方々が受賞されている栄誉ある世界児童賞を受賞しましたことを大変光栄に思います。これまでの弊基金の他者への想いとグローバル・ヴィレッジの懸け橋としての役割を実践として着実に活動をしてきたことを認めていただき嬉しく思います。希望ある未来へと導いてくれる子どもや若者が有する創造性を育んでいけるような場の提供と社会形成に、今後もひた向きに取り組んでいきたいと思います」、と述べています。

横井氏は、2015年6月30日~7月3日まで米国ワシントンD.C.のホワイトハウスに隣接する通称「大統領公園」と呼ばれている「ザ・エリプス(The Ellips)」にて開催される第5回世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival 2015)(※1)に参加し、開会式の行われる6月30日午前10時には基調講演を行う予定です。

(※1)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ参照:http://japanicaf.org/

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)(※2)


世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)は、国際子ども芸術財団(ICAF)ワシントン本部が4年に一度開催する、世界中の子どもたちによる芸術の祭典です。同じく4年に1回の「アート・オリンピアード」で世界各国から選ばれた子どもたちが、友だちとなり、さまざまな芸術活動を通して協調性やリーダーシップを養い、平和について理解を深めます。

過去4回のフェスティバルには、のべ400ヶ国、500万人以上の子どもたちが参加しました。会場となるワシントン・モール国立公園では、このフェスティバル以外に子どものイベントは認められていません。主催者である国際子ども芸術財団(ICAF)は1997年に米国ワシントンD.C.に創立された公益法人で、児童分野における慈善団体としては米国内にて実績のある上位25の団体の一つとして数えられています。

あきら基金は、本大会主催委員として、またICAF日本支部と共催で「第5回アート・オリンピアード」(2015年)を支援しています。

(※2)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ内、「世界子どもフェスティバルとは?」より一部抜粋。
2015. 04. 06
東京 | 日本



あきら基金は『第5回アート・オリンピアード』2015を共催しています!

今まで地図でしか見たことのない国・地域、名前さえ知らなかった国や地域の子供たちが、4年に一度米国ワシントンD.C.に集まります。オリンピックと同じく4年に一度なので、子どもアート・オリンピックです。

今年のアート・オリンピアード(2015年6月30日〜7月3日開催予定)に参加してくれる8歳から14歳の子どもたちを、国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部は、募集しています。

絵は、スポーツに関するものだったらなんでも、OK。自分の好きなスポーツ、今スポーツが、あったらいいなと思うスポーツ何でも。思いっきり元気な、画用紙からはみ出るような絵は、大歓迎です。

送ってくれた絵から、来年ワシントンに行ってくれる代表を選びます。

詳しくは国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部のホームページ内の関連広告をご覧ください http://japanicaf.org/category/5th-art-olympiad/

<世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)>(※1)

世界子どもフェスティバル(World Children’s Festival, WCF)は、国際子ども芸術財団(ICAF)ワシントン本部が4年に一度開催する、世界中の子どもたちによる芸術の祭典です。同じく4年に1回の「アート・オリンピアード」で世界各国から選ばれた子どもたちが、友だちとなり、さまざまな芸術活動を通して協調性やリーダーシップを養い、平和について理解を深めます。

過去4回のフェスティバルには、のべ400ヶ国、500万人以上の子どもたちが参加しました。会場となるワシントン・モール国立公園では、このフェスティバル以外に子どものイベントは認められていません。主催者である国際子ども芸術財団(ICAF)は1997年に米国ワシントンD.C.に創立された公益法人で、児童分野における慈善団体としては米国内にて実績のある上位25の団体の一つとして数えられています。

あきら基金は、本大会主催委員として、またICAF日本支部と共催で「第5回アート・オリンピアード」(2015年)を支援しています。


(※1)国際子ども芸術財団(ICAF)日本支部ホームページ内、「世界子どもフェスティバルとは?」より一部抜粋:http://japanicaf.org/

2015. 01. 12
東京 | 日本

あきら基金が支援しているソーシャル・エンタープライズ、シールズ株式会社(SEELS)が、日本最古の英字新聞ジャパンタイムズに紹介されました。

当該の記事は、日本におけるフィリピン人移民、とくに女性の社会的地位と立場について触れながら、エンターテイナーとして出稼ぎにきたフィリピン女性の社会的・経済的自立を支援するSEELSのマイクロフランチャイズ・モデル、「英会話学校」や「国際幼児保育所」事業が紹介され、最近開催されたトレーニング・ワークショップの内容が具体例として取り上げられています。代表取締役のセサール・サントヨ氏は、記事の中で、アドボカシーの活動の一環として、トヨタ財団から助成を受けて作成されたビデオ、「Accept Us Maybe」を、従来の移民政策と移民への社会保障に対する提言として活用し、その効果に期待したいと述べています。

オリジナルの記事は下記のリンクよりご覧いただけます。(英文のみ)

シールズ株式会社(SEELS)
日比家族センター代表であるセサール・サントヨ氏があきら基金の助成・支援を経て2011年5月に起業しました。東日本大震災の被災地域である東北地方に居住する6千人以上のフィリピン人に対して英語講師としての研修・雇用機会を創出すると共に、日本におけるグローバル人材育成に対応する形で、中・低所得者地域の家庭に安価で英語を学べる英会話学校や国際幼児保育所などを提供しています。
2 / 1212345...10...Last »
英文表示されている箇所については
日本語化の対応中です
  • バナー:AXIS