支援先団体SEELS株式会社が英字新聞ジャパンタイムズに紹介されました
2015. 01. 12
東京 | 日本

あきら基金が支援しているソーシャル・エンタープライズ、シールズ株式会社(SEELS)が、日本最古の英字新聞ジャパンタイムズに紹介されました。

当該の記事は、日本におけるフィリピン人移民、とくに女性の社会的地位と立場について触れながら、エンターテイナーとして出稼ぎにきたフィリピン女性の社会的・経済的自立を支援するSEELSのマイクロフランチャイズ・モデル、「英会話学校」や「国際幼児保育所」事業が紹介され、最近開催されたトレーニング・ワークショップの内容が具体例として取り上げられています。代表取締役のセサール・サントヨ氏は、記事の中で、アドボカシーの活動の一環として、トヨタ財団から助成を受けて作成されたビデオ、「Accept Us Maybe」を、従来の移民政策と移民への社会保障に対する提言として活用し、その効果に期待したいと述べています。

オリジナルの記事は下記のリンクよりご覧いただけます。(英文のみ)

シールズ株式会社(SEELS)
日比家族センター代表であるセサール・サントヨ氏があきら基金の助成・支援を経て2011年5月に起業しました。東日本大震災の被災地域である東北地方に居住する6千人以上のフィリピン人に対して英語講師としての研修・雇用機会を創出すると共に、日本におけるグローバル人材育成に対応する形で、中・低所得者地域の家庭に安価で英語を学べる英会話学校や国際幼児保育所などを提供しています。
英文表示されている箇所については
日本語化の対応中です
  • バナー:AXIS